東京出張晩ごはん事情・・

広告

今日も夜勤で20時頃の時間帯が中途半端な時間になってる。

お腹もさほど減らない。

義務感でちょっと食べとくか・・的な。

今夜は早く出てきて、軽いものと思って、入った蕎麦屋。

価格の割にボリューミーな感じのセットものが多い店だ。

盛り蕎麦か、ざる蕎麦にしようと思ったが、秋盛り丼というものに反応して、注文してしまった。

あったかいお蕎麦と天丼のセットだ。

ちょっと食べ過ぎか?

と思って待っていると、心配になるくらい、出てくるのが遅い。

立食いとテーブル席とカウンターがある店内。

食券買って皆さんボーっと待ってる。

昼間通った時も、昼時なのに、価格も安い手頃なのになんで空いてんのか?

と思ってメニュー見て帰った店だ。

理由がわかった。

ここで食べたら、昼休みが無くなるのだ。

美味しそうなメニューばかりなのに、残念ながら、天丼のご飯が伸びてた。

伸びてたとは、変な表現だがご飯も天ぷらも冷めていた。

秋の味覚が台無しだ。

カラッと揚がったら絶対美味しい舞茸のかき揚げなど、これでこの値段?

なんやけどなあ。

大阪やったら、客は帰ってしまう遅さでしたけど。

おばちゃんと兄ちゃんと2人で回してた。

もうちょい努力してくれたらと思う、ハロウィンの夜でした。

全く関係ないけど。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら