台風一過の日。復旧で追い回される・・

広告

台風が去ってやれやれと思う気持ちと、次にやって来る後片付けの電話の嵐。

工事の仕事をしてると仕方ないが、復旧作業が出て来る。

と言うか、今回は台風が撒き散らして行った、とんでもない爪痕の処理だ。

しかし、どこの業者もいっぱいで、どうしようもなくなってくる。

取り敢えず、話を聞きに走り回る。

テント、看板、シャッター、トタン、屋根が吹き飛ばされた件が多過ぎて、どうしようもない。

今日は晴れたから、皆さん「待つは」と仰って下さる。

しかし、いつになるか正直分からんこともある。

こんな台風が毎年来るような、環境になってしまったらと思うと、辛いものがある。

そんな気持ちがなんか晴れない1日だ。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら