台風よりも仕事が終わらない事の方が怖い面々・・

広告

台風20号が四国に上陸した。

もう直ぐ大阪に直撃か、かすめて行く。

なのに「台風って何?」というくらい普通に仕事を必死でしている人々。

それが我々の業界の普通な素の部分だ。

台風の風雨よりも、風で飛ばされるよりも、現場が終わらない恐怖の方が、何十倍も怖いことを知っている面々。

彼らの働きにより、人知れず普通の日常が、確保されているような気がする、今日この頃です。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら