「たすくま」さんを使い始めて3年が経ちました【時間管理の区切りを意識できるようになりました】

広告

2018年の2月3日の節分の日で、タスク管理アプリの「たすくま」を、iPhoneで使い始めて3年が経ちました。

未だ使い方や隠れた便利な裏ワザなど、知らないことだらけです。

ただ少しだけ小さな文字のiPhoneを、弄り倒すことに抵抗がなくなったことと、かなり目が悪くなったことが、苦にならなくなりました。笑

自分にとってのタスク管理とは?それは自分一人でやっている仕事の効率化と、「夜勤が入った時の昼夜逆転生活でも、習慣化が壊れない生活習慣」を確立すること

これが大きなテーマだったと振り返ると思います。

このブログを始めるに当たって、ブログを同時にスタートした人が、タスク管理の猛者出会ったことも、ワタシとってはラッキーでした。

多分、タスク管理を強く意識していなければ、今こうしてブログを書いている習慣も断ち切れていたと思います。

タスク管理という言葉を知ってから、早3年半以上が経ち、「たすくま」さんを自分のiPhoneに入れてから、丸3年が過ぎました。

タスク管理を知った頃、「たすくま」さんを使い始めた頃は、自分的にはもっと早く時間を操れるようになっている。

と、思い込んでいました。

広告

しかしそんなものではなく、時間と向き合うこと。そこから自分が何に繋げていくのか?何を目指しそのためにどう時間を使うのか?

3年経った今、その目指しているもののために、時間を使える管理ができているのか?

と、なんとなく日々管理しているだけ。みたいになっていることを知ることができました。

今もブログで「時間がない」など書いているようでは意味が無いし、「結果が出せないままこの先もやってるだけ」となりそうです。

ただ、ここまでの日進月歩で、少しづつ時間の区切り強く意識できるようになったのは、ありがたいことです。

今また、タスク管理を始めた頃のテーマに、もう一度向き合おうと思う、今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

こんな記事も書いています↓

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう