2018年10月7日(日)磯ノ浦へサーフィンへ行って来ました【台風25号KONG-REYの置き土産の波を求めて】

広告

台風25号が去って、その置き土産のウネリがまだかろうじて残った磯ノ浦。

今年最後のかもしれない大型台風の波を置き土産求めて、3連休の中日に磯ノ浦サーフィンへ行って来ました。

仕事も無理やりオフにした日曜日、朝からのスタート

10時過ぎの波チェックでは、9:12現在の波はコシ〜ムネでした。

サクッと家事して、波乗りへ行く用意を済ませる。

この2日前の金曜日にも25号が通過中の磯ノ浦で行きました。

朝ごはんをマクドでドライブスルーして、9時ちょい過ぎ出発。

阪神高速松原線の平野インターから和歌山へ。

9時56分和歌山北インター降りて、紀ノ川沿いルートで

10時半到着。

よく晴れて台風の影響も残り駐車場は満車でした

晴れて波があるので駐車場は満車状態でした。

ちょっと待ちました。

いつもの状況撮影。

11時過ぎから着替えて11時15分入水!

昼近くになると波のサイズもダウン

入水後直ぐはセットでムネくらいの波は入って来ていました。

しかし、人が多い。

この日はセット間が長く、沖のラインナップには、ロングボードの方達が陣取ってました。

まあ、そんな波なのですね。

確かにセットは、コシ以上ムネくらいのが来てましたが、割れにくい波でした。

パドリングで漕いでも、置いていかれることが多かったです。

そして、セットが来てロンガーが乗って去って行ったあと、ヨシ!もらった!!と思った割れた波にパドリングします。

さあ、テイクオフ!と思ったら、遥か向こうからロンガーのオジさんが乗って来ます。

あら、残念。

てな具合がずっと続きました。

お昼を過ぎるとセット間も長くなり、そしてサイズもダウンして行きました。

そして肝心の波乗りは?

沖のアウトへ出て行くのは、2日前の台風真っ只中よりも遥かに楽ではありました。

しかし、パワーはもう無く、割れない波が連続して入って来ます。

テイクオフの速さをテーマに練習中のワタシには、必死のパドル合戦になってしまいました。

アウトはロンガーの多分、ワタシよりも年長ではなかろうかと思う、オジさんがバンバン乗って来ます。

それを見て、インサイドの波数勝負で岸側で波待ちしておりました。

コシ下くらいの波は結構来ていたのですが、やはり割れにくい波でした。

この日の波は前回のように、ワイドなダンパーな波では無く、グーフィー、レギュラーの波が綺麗に割れていました。

しかし、パワー不足と割れ難さでインサイドでも、あまり乗れないという結果となってしまいました。

この日も後の予定があったので、いつものように、あと一本、あと一本と後ろ髪引かれながら、16時脱水でした。

昼メシ抜きで入っていたので、ヘロヘロでした。

まとめ

台風の影響が少し残った磯ノ浦でしたが、割れにくい波で、しかも人が多いというサーフィンでした。

今年も台風はこれが最後ですかね。

また来年も被害の出ない台風に期待したいです。

今年の夏のシーズンでは、成長は無かったように思います。

この秋から冬に、どれくらい海に行けるかは未知数です。

できるだけ楽しみながら、回数を多く出かけたいと思う、今日この頃でございます。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう