ブログを書き続ける習慣化は絶対的な環境を作ることで継続できる気がして来ました

日々繰り返し行うこと。癖になってしまうくらい同じことをする。

簡単なようで、難しいことだと最近感じています。

それは単純な行動にマンネリ化と飽きてしまうこと。

しかし、自分がやると決めたことを実行するためには、ワタシには不動のルーチンが必要だとわかりました。

スイッチが入る環境に身を置くことで習慣化しやすくなることを実感しています。

毎日同じ時間に始めることや、同じ場所で書く習慣が出来るとスイッチは入りやすくなりました。

それを実感できたのは、ワタシの場合通勤電車の中という、シチュエーションでした。

今週は月曜日からずっと同じ時間に同じ電車に乗って大体同じ席に座る。

そうすることで気付いたら、iPhone片手に一心不乱にモブログしてる自分がいます。

今日土曜日も仕事で、車で通勤しなければならなかったので、朝ではなく帰宅後の遅い時間に書いています。

朝早くからブログを書く。という習慣が続くと、夜に書くことに違和感を感じながら今書いています。

朝にアウトプットする習慣がその日の活力になっているようにも思えていました。

ここに来て、ブログ仲間が毎朝マクドナルドやスタバで執筆している心境に少し触れることができました。

毎朝ブログを更新し続けることは難しいかもしれません。

続く限り電車通勤と共に、更新頻度とにらめっこしたいと思う今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら