フリーランスが会社勤めのようなシフトで生活してみてわかったこと

最近フリーランスのワタシが、会社勤めのような仕事をしていて感じることがありました。

  • 勤務中も含め、1日の行動が制限されている、してしまっているということ。
  • 勤務時間外でできることは限られている。
  • 週休2日は必要かも?

と、思いました。

毎朝、満員電車に揺られ仕事をして、時間が来れば「さあ自分の時間!」と思っても自分だけの帰るのは、気が引ける。

残業については前の記事で書きました。↓

残業については、個人の価値観の違いがあると書きました。

仕事以外の時間を、自分の時間として使えることの少なさに落胆中です。

既婚者であれば、家事などの手助けも義務化されます。

そう考えると、家族を持つ身であれば、自分独りで過ごせるのは、ほんの僅かな時間しかありません。

家族と一緒に過ごすことが全ての幸せと感じている人もおられるでしょう。

趣味や運動やサークルなどに情熱的な方も見受けます。

しかし自分の時間を持ちたい人には残酷なくらい平日は時間が無いことを再認識しました。

「休みも必要なんだ」という気持ちも現れましたし、休まないと心身ともに持ちません。

やりたいことをやるとしたら、睡眠時間を削るしかなくなってきます。

睡眠を優先すれば、「自分は仕事だけしかしてい無い人間なのでは?」のような焦燥感も出てくるでしょう。

それに気付き、その殻を破る人がどれほどおられるのか?

そうなると、自分や仕事に対する考えを見直す時かもしれません。

ただそう思うことは、何かのキッカケがない限り、芽生えないことかもしれません。

自分に向き合う時間を持たない限り、日常に流され続けています。

時間に流されていても、それも自分。

それが自分と感じてしまっている人は、それはそれで違和感がないのかもしれません。

ある日、これがしたいと気付いただけでは「でも今は時間がないか?」で終わります。

キッカケが出てもそれを強く、自分のMAXに持っていかないと、崩れない壁となっているのでしょう。

時間がないのではなく「時間は作らないとない」「生まれない」ということがわかりました。

この場合の作るとは、「やらないことを作ること。」

これが最近学びました。

人は起きてから寝るまでは何かやっているわけですから。

先ずは、残業ゼロは人それぞれの考え方としても、1日の睡眠時間以外でウエイトを占めている仕事を早く終わらせる。

そのために時間術、タスク管理を学ぶことも、その「仕事を早く終わらせる」一つの方法であると思います。

最近の「サラリーマン時間の生活」をしていて感じたことがありました。

こうして、ブログなどの趣味を持っていなかったら、間違いなく泥沼の残業地獄に入っていても気付かない自分がしたのでしょう。

タスク管理に出会えて本当に良かったと思う今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら