考えたらちょっと変わった忘年会に参加している・・

広告

今年で4回目かな?

いや、3回目かもしれん。

そんな回数はどうでも良くって、問題は少し趣向が違っていることだ。

何が違うのか?

昨日まであまり意識してなかった。

お友達のレンタルスペースで、料理を振る舞って貰らえる。

気心知れた人達同士だから、会話もスムーズ。

どころか、SNSでみんな繋がってるので、久しぶりに会った気もしない。

何よりも、忘年会の前に食に関する講座をされている。

なので、その延長で腕によりを掛けた料理が振る舞われる。

全ての食べ物が美味しい。

何処かの店を予約して、上げ膳据え膳でやるのではない。

その美味しさに、飲み過ぎるよりも、食べ過ぎてしまうのだ。

その全てに手が掛かっていることに、冷静に昨夜は気付いた。

美味しく、楽しいお酒が飲める、希少な忘年会なのだ。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら