結果責任をブログに書くことで結果を出すチカラとなった気がする件

広告

今朝目覚めと共にFacebookを開いたら、2年前の自分の投稿が一番に出てきた。

普段はスルーする過去の自分も、この時は食いついてしまった。

なぜか?

しんどかったこと、やりたいことを犠牲にしてたこと、長期出張と重なった中で、ちまちまと勉強してた自分が一瞬で蘇ったからだ。

せっかくの日曜日に朝から夕方まで講習を受け続けた。

波がある日も波情報だけで満足して、出かけたり。

長期出張中は日曜日は現場が休みなので、夜行バスでコッソリ帰宅。

また朝から夕方まで勉強。

次の日の新幹線でまた東京へ行ってた。

今更思うことは、ここまで自分を動かした動機は?

この年齢になってまで、資格取る必要はあまりないのかもしれない。

でも、無冠の帝王なんて存在しないのでは?

という単純な動機でした。

そしてそこから、全てにおいて資格を取ることが大前提の生活へと変わって行きました。

全く興味のなかった資格所得へ、自分を動かしたものは、「ブログに書いたから」だと思います。

ブログにチャレンジしていることを、書いてしまった以上、そこからは自分ひとりの挑戦ではなくなってしまった。

と、いうことなのでしょう。

結果は一浪して、2度目でパスできました。

普通ならば自分の個人的なことも、ネット上に晒し出すだけで、こんなにもプレッシャーを感じるのか?と思いながら、勉強してました。

プレッシャーを受けると同時に、それ以上に応援してもらっているという、実感もありました。

結果責任を増幅させてくれたブログ。

それ以上に、チャレンジに応援してくれた、お友達がいることが実感できることで、励みになりました。

そして、その2年前のFacebookの投稿を見ると、その時の経験や匂いまで蘇った今朝で御座いました。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

関連記事はこちら↓

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら