イメージする力が結果を変えていく。「もっとラクに目標達成できる自分になろう」

2015年12月29日(月)アイキャッチ画像

ワタシは今年で50歳になりましたが、今年ほど自分に変化があった年はなかったように思います。

変化があったというよりは自分から「変わりたい」と、心から思うようになり、行動を起こすことがいくつかできたこと。

これは自分自身やっていて非常に気持ち良く感じながらできていて、また心地よい充実した日々が送れているように思います。

そんな日々、自分が習慣化したくても挫折してしまいがちな目標を達成する力に変えていく考え方について学んでいます。

目標達成=苦しいは大間違い

 

多くの人は苦しい努力をしないとものごとは達成できない。そして達成できなければ自分は幸せになれない。と誤解しています。

けれども、目標を達成し続けている人のほとんどは「苦しい」と感じることなく、ラクな気持ちで目標を達成しているということ。

「行動力」だけでは壁にぶつかってしまう。「行動を楽しむ力」を身につける

「行動」を変えるのではなく、「感情」を変える

 

人は間違った「意味づけ」をしてしまいがち。

「やらなきゃいけない」を「やりたくて仕方ない」に変えていくこと。

マイナスの気持ちのイメージを、プラスのイメージに変えていくことで「行動」を楽しめるから続けられる。続けられるからもっと楽しくなり、成果が上がり出す。

成果が上がるともっと楽しくなり、楽しいからより行動量が増えてくる。

成功するまで行動する努力を「楽しむ力」に変えることで目標達成することが、「苦しい」から「楽しくラクに階段を登る」イメージに変えていけば継続して楽しむことができると思います。

まとめ

 

2015年ももうすぐ終わろうとしています。

今年は生活習慣最適化したくてランニング、ブログ更新と資格勉強など日々コツコツと挑戦してまいりました。

来年は一つの習慣において、習慣化した後に自分に起こること、達成できたことで自分にどんな嬉しい、楽しいの効果をもたらしてくれるのかを想像しながら行動したいと思います。

苦痛に感じるのではなく、ワクワクしながら挑戦していける気持ちを継続できるプラスのイメージで達成後の自分を明確にイメージしたいと思います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

未来記憶
未来記憶

posted with amazlet at 15.12.28
池田貴将
サンマーク出版
売り上げランキング: 30,586

こんな記事も書いています。↓

 

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら