日本代表のワールドカップが終わった・・

広告

日本代表の2018年ロシア大会が終わった。

夜中の3時からテンション高めでキックオフからテレビ観戦。

FIFAランク3位のベルギーが相手では、仕方ないのか。

攻めるフォアード陣は悪くなかったと思う。

守る方に問題があるような試合だったと見た。

この試合の前にやってた、ブラジル戦を見ていて、いや毎回決勝トーナメントを観ていて思うことがある。

予選リーグとは戦い方、特にスピード感が違う。

速攻でカウンター狙いや、高速パスにワンタッチでゴールを狙い決めてくる。

当然精度が全てで上がっているのだ。

この変化が日本のチームには無い。

そこまで個々の技術が無いのか、組織の問題なのか。

後半直ぐまでは2点リードで、優勢に見えていた。

しかし、前半開始からのディフェンスの寄りの遅さなどは、ワールドクラスではなかった。

どこからでも、ゴールを狙えるくらいにフリーで持たれてた。

日本にとっては、初出場から20年目のワールドカップだ。

これも歴史の違いなのか。

あと一つ応援したかった。

壁はまだまだ厚そうだ。

敗戦の寝不足は昼が辛い。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら