今日は急な豪雨の急な打合せにやられた日・・

広告

東大阪で打合せして帰社しようとしたら、雷と集中豪雨に会った。

あんな短時間で冠水しそうなほど道路に水溜まってた。

渋滞してるし。

ほぼ地元へたどり着く頃、雨も止み雲も切れて来た。

そしたら、東大阪の打合せに参加するはずの人から「今向かってます」とトンチンカンな電話が入る。

確かに「今日打合せがしたい」とあさ連絡があった。

その時に、あ、今日東大阪で打合せやるで。

と、そこへ来てくれから一石二鳥以上の打合せになるよね。

と、電話を切った。

その開始時刻に行けるかはわからんが、また出る時間を連絡入れてくれるという事であった。

そのはずがというよりも、その打合せへ俺が向かってる時も、質疑の電話入れて来てたから、あ、今日はもうこの時間やし、参加せえへんねんなと思ってた。

こちらとしたら、打合せが終わったら直ぐ帰社したかった。

発注やら安全書類やら作らなあかん。

時間が無いのだ。焦ってるのだ。

そこへ「今向かってますが道が混んでてまだ掛かる」と電話が来た。

東大阪へ引き返しても仕方ないし、その事務所で待たれても困りはるやろうし。

そこでわざわざ梅田へ行って打合せすることになった。

その本人も直帰しますで事務所をで出来ているだろうから、打合せ中止とも言えず。

結局、14時から15時半で終われる打合せが、19時まで掛かった。

6時間仕事になってしまった。

梅田のカフェで打合せすると、駐車場もお茶代も高くつく。

そんなせこいお金の話よりも、時間が奪われるのが、腹立った。

時間が欲しいくらい足りて無いのに・・

そんな大雨と雷とボヤキな1日だったな。

via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

広告

この記事を書いた人

なみのり こうぼう

なみのり こうぼう

1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で25年目の なみのり工房 です。

仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、本で出逢ったメンターの方のセミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり、ブログを2014年7月からはじめました。

ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら