寝落ちする自分を「たすくま」さんで振り返ると悪い習慣が可視化できる【日々を記録することでできること】

広告

今年に入って寝不足が続き、悪い習慣の「ソファで寝落ち」してしまうという記事を書きました。

ワタシが使っている、iPhoneのタスク管理アプリ「たすくま」さんでは、タスク管理だけではなく、日々の行動記録もしています。

どちらかというと、やっていることはそちらのウエイトの方が多いかもしれません。

そんな「たすくま」さんでログの記録取っていると、あの日あの時、どれ位の期間やってしまったのか?

などが振り返えれることと、それを可視化できることで、どれくらいの時間を無駄にしてしまっていたかがわかります。

可視化できると、自分の睡眠についての悪い習慣と向き合え、改善しようという気持ちの本気度も高まります。

では、どうして可視化しているのか?

ワタシの場合「たすくま」さん上では、「転寝」とは寝る気もない状態で、寝落ちしてしまう行為。悪癖としてリストに入れています。

それを毎日一応、赤文字で表示させています。

これは他の赤文字タスクと同様に、毎日必ずやるリピートタスクではないので、見積り時間を入れていないタスクです。

特に「転寝」なんてやろうと思うタスクではありません。

出来れば、ベッドに入り「就寝」というタスクのスタートボタンを押して眠りたいのです。

その方が寝落ちで一旦、目を覚まさずに継続して深い眠りに就け、健康的な睡眠が取れます。

それが、仕事と今日の予定の「たすくま」さんから解放されつつある時間帯。

ランニングも終わった夕食後の、穏やかな休憩時間に、晩酌でもしたら寝落ちしてしまっています。

気持ちが落ち着いたあとに、ソファに座ると、いつのまにか寝落ちしてしまって、「中途半端な時間に目が醒める」ということになっています。

この体たらくを改善すべく、只今奮闘中なのです。

この悪癖の回数を数字化して、表示してくれるのも、「たすくま」さんの良いところであります。

▼こんな感じで月に何回「転寝」してますよ〜と、見せてくれてはります。

これを見て、「こんなにやってるの?」と自己嫌悪。

▼「これではいかん!」と改善するために、もっと自分を落とし入れる数字がこちら。

「たすくま」さんを使い始めて何回「転寝」をしたかが、完全に可視化されます。

そして、いつから「転寝」タスクを入れたか?もわかります。

2015年の11月29日(日)から記念すべき「転寝」タスクの初日です。

それから君は何日、何回やっとんねん。

と、痛烈に見せてくれます。

日々の生活のやることを追い回してくれるだけでなく、こんな記録の振り返りもしてくれる、強い味方の「たすくま」さんなのであります。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら