朝の儀式のようなルーティンを捨ててもブログを毎日書くことの方が1日が充実してきた【こだわりの習慣を捨ててみてわかったこと】

最近は通勤時間にブログを更新できています。

少し前までは朝の更新は3日以上続いたことはありませんでした。

朝は自分だけの儀式を意識的にしていたかとで、ブログを書くことよりそれを優先させていました。

毎日の仕事前に自分の1日を書き出したり、昨日の振り返りや、ふと浮かんだアイデアなどです。

自分の頭の中と今の状況などをノートに書き殴るというものです。

これを「ひとり会議」と「アイデア5分」というそれぞれのノートを作って毎朝の日課にしていました。

なぜ「していました。」なのか?

そう、今は早朝の電車通勤で朝の時間が取れずに滞っているからです。

そしてなぜこの二つを始めたかというと、ブログを書くことのに苦戦する時があるからです。

それと、自分の今の考えや振り返りが整理され、今自分の中で何が起こり、何がしたいなどの整理がされていきます。

そのノートを日曜日や少し余裕のある夜の時間にパラパラと読み返すことで、凝縮された自分が書かれています。

何度も同じ事をその時には書いていたり。

そのテーマが見えて来たことを深掘りして考えてみることで、また新しい気付きやキッカケが潜んでいたりと、まあ、楽しんでおりました。

それが仕事での通勤が入り、毎朝の習慣が破綻しかけ、先月は少々苦しみました。

日々のバランスが崩れるとブログへの影響も出だし、更新頻度も落ちたりしていました。

その習慣を諦めて、ブログを朝に書こうと決めてからは、また新しい習慣と共に思考が回り始めました。

思えば、今までノートに書いて来たものを直接ブログに書いてしまえ。という考えができました。

そうすると、朝の環境がこうして書けていることに良い影響を与えてくれています。

何事も毎日コツコツやっていると、いつの間にか多少の困難くらいは、クリアしてくれるということです。

今はその自分の思い込みの殻を突破したことで、次にまた何か変化が起こることに期待しています。

そんなことを思う今日この頃です。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

via PressSync

投稿者プロフィール

なみのり こうぼう
なみのり こうぼう
1965年大阪生まれ、大阪在住の内装工事業を1994年からはじめて今年で23年目の なみのり工房 です。


仕事で精一杯だった自分に何か刺激を求めて試行錯誤している時、プロブロガーの立花岳志さんの大阪開催セミナーに思い切って参加。人生初セミナー体験で運命的な出会いがあり。ブログを2014年7月からはじめました。


ランニング習慣、仕事、趣味のサーフィン、ゴルフ、たまに犬など思った事を書いています。

詳しいプロフィールはこちら